一から勉強させてください( ̄ω ̄;)

最下級エンジニアが日々の学びをアウトプットしていくだけのブログです。

サブネットマスクについて自分用メモ

サブネットマスクについて、いまいちな理解だったので参考サイトで読んだ内容をメモしておく。

ついでにIPアドレスまわりについても書いてみます。

IPアドレス

10進数表記で172.16.0.0のように表される、インターネット上でコンピュータ1台1台に割り振られた識別番号。ネットワークアドレスとホストアドレスに分けられる。

ネットワークアドレス

IPアドレスを構成するビットの中でデータリンクを識別するための値。ネットワークアドレスが同一のグループは1つのネットワークとして扱われる。

学校でいう1組、2組のようなクラスみたいなもの。各生徒が属するグループを表すイメージ。

ホストアドレス

1つのネットワーク内で一意の値。

学校でいう各クラスに属する生徒一人ひとりの名前みたいなもの。1組の山田花子さん的な。(名前かぶるとか余計なことは考えないでくださいね…)

サブネットマスク

サブネットマスク255.255.255.0みたいな感じで出てくる。

2進数になおすと、11111111.11111111.11111111.00000000となり、この1の部分がネットワークアドレス、0の部分がホストアドレスを表す。これによってどこまでがネットワークアドレスかを表現できる。

また、例えば192.168.10.0/24と書かれている場合、左から24番目までが1(つまりネットワークアドレス)のサブネットマスクを適用するという意味になる。上記の255.255.255.0サブネットマスクを適用したのと同じ。

もともとクラスA、クラスB、クラスC、、といったアドレスクラスという概念があり、これを使うことによってどこまでがネットワークアドレスかを決めることができる。だがこれだけでは状況に応じた柔軟なアドレスの振り分けができないため、その調整にサブネットマスクを使用する。

まとめ

自分用に書いたので雑ですが、サブネットマスクについてざっと書いてみました。より詳しい説明は参考にしたサイトがわかりやすいので、そちらを見てみてください。

とくに実践の例がかなりわかりやすかったです。

参考