一から勉強させてください( ̄ω ̄;)

最下級エンジニアが日々の学びをアウトプットしていくだけのブログです。

PowとtunnelsでRailsのローカル開発環境にSSL導入

仕事でRailsアプリのローカル開発環境にSSL導入したのでメモ。

powの導入

powはRackアプリケーション用のサーバー。仮想的なドメイン名を割り当ててアクセスできるようにしてくれるぽい。

githubreadmeをみて導入。

$ curl get.pow.cx | sh

$ cd ~/.pow
$ ln -s /path/to/myapp

myappのところがRailsアプリがあるパス。そこのシンボリックリンクを貼っとくだけでok。

これだけでlocalhost:3000だけでなく、http://myapp.devでもアクセスできるようになる。便利。

tunnelsの導入

次にhttps://myapp.devでもアクセスできるようにする。tunnelsというgemを入れればできるらしいので導入。

こちらもreadmeをみて導入。

`gem install tunnels`

$ sudo tunnels 

これでhttps://myapp.devにアクセスできました。tunnelsはデフォルトで80→443ポートの流れを作るので、powで3000→80、tunnelsで80→443という流れですかね。

powを使わなくても/etc/hosts127.0.0.1 myapp.devと書いておいて、sudo tunnels 443 3000でも同じことができるかもしれません。

まとめ

FacebookとかTwitterとか、ソーシャルシェアの機能を試すとき、httpsじゃないってエラー吐かれたり、余裕っしょって思ってたら本番環境でうまく動かなかったり。 たまにそういうのがあったので今回このような環境を用意しました。

手軽にできるので、もし開発段階からSSL環境下で検証したい人はぜひに。

参考