一から勉強させてください( ̄ω ̄;)

最下級エンジニアが日々の学びをアウトプットしていくだけのブログです。

console.time、console.timeEndを使ってみた

今回はJavaScriptのデバックでよく使うconsoleの中でも時間計測に便利なconsole.time、console.timeEndを試してみました!

早速、サンプルを書いてみました。これ↓

function sum(){
    var x = 0;
    for(var i = 0; i < 10000000; i++){
        x ++;
    }
    return x;
}

console.time("sum's time");
sum();
console.timeEnd("sum's time");


サンプルとして、よくありがちなfor文の中で足し算を1000万回まわすようなものを書いて、時間を計測してみました。

そしてconsole.time、console.timeEndの使い方は
引数に適当な名前(始点と終点さえ分かれば良いみたい)を渡して、計測したい処理をconsole.timeとconsole.timeEndで挟んで実行してやればOKみたいです。

今回はsum's timeという名前でsum()の処理時間を計測したので、結果は

sum's time: 12.814ms

と表示されました。

今までデバックはほとんどconsole.logしか使っていなかったのですが、今後ベンチマーク的な事をする際にはこのconsole.time、console.timeEndも積極的に使っていこーと思います。

がんばるぞー

小さなことからコツコツと。