一から勉強させてください( ̄ω ̄;)

最下級エンジニアが日々の学びをアウトプットしていくだけのブログです。

express導入してみた

今回はnodeをより便利に使うためのフレームワークexpressの導入〜お試しまでを書きたいと思います。
(nodeはすでに導入したという体で書かせていただきます。)


まずターミナルを起動して、expressをnpmコマンドを用いてインストールしました。

sudo npm install  -g express


次に早速expressでアプリケーションのひな形をつくります。

express sample


これだけでsampleというディレクトリが生成されました。

ーーapp.js
ーーnode_modules/
ーーpackage.json
ーーpublic/
ーーroutes/
ーーviews/


次に生成されたディレクトリに移動して、アプリケーションの起動を試みます。

cd sample
node app.js


これでlocalhost:3000にアクセスすれば、なにかが起動しているはず!!


結果↓

f:id:d_animal141:20130308005132p:plain


jadeが足りない的なことを言われているのでしょうか。
インストールするために黒い画面に戻ります。。

npm install


これで足りないモジュールを勝手に入れてくれるみたいです。便利!!
node_modulesの中にjadeも追加されたみたいです。


で、リベンジ!!

node app.js


これでlocalhost:3000にアクセスすると

「welcome to express」


とexpressがようやく迎え入れてくれました!!!


せっかくなのでtest.htmlというhtmlファイルをsampleディレクトリのpublicの中に作成して、アクセスしてみました。

中身は

test

と書かれただけのものです。


んで再び

node app.js

ってやって、localhost:3000/test.htmlにアクセスしてみると

ちゃんと


「test」


と書かれた画面が表示されました。とりあえずちゃんと動いてることを確認できて一安心。


今回はexpressの導入とお試しをやりました。
これをベースにいろいろなアプリ作りに挑戦していきたいと思います!!

がんばろー


小さな事からコツコツと。